プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

4月8日 ギャレー上の棚塗装始末記

左舷側壁板のニス塗りと並行して食料や食器を入れるFRPの棚の塗装を進めていました。
ほぼ塗りが終わったのでこれも仕上げ塗りした後で部品を取り付けて完成させました。

棚の塗装は水性シリコン塗料を使っています。ニスも水性です。私が水性に拘るのは匂いがしないので船内でも塗れるのが一番の理由です。部品を外して自宅で塗るにしても薄め液が水というのは経済的ですよね。

この水性シリコン塗料は薄め液は水ですが、乾くととても固い塗膜になって水には融けないのだそうです。実際にはどうか分かりませんが、乾いた後は表面がべとつかず固い皮膜ができています。

緑のFRPの上にシルキーホワイトという色を塗ったので、下地の色が消えるまで塗りを重ね、1畳分塗れる塗料を丸々一缶使い切りました。ニスと違って色を付ける塗装の場合は殆ど薄めずに塗った方が良い結果が得られるようです。

刷毛目を気にしながら塗ったのですが、濃いめの塗料を使う事で乾くまでに刷毛目は気にならなくなっていました。また、塗料を薄めて塗った場合は垂れの方がひどくて何回もやすりの世話になりました。

棚の部品は仕切り板、引き出し、アクリル板です。
塗り直して綺麗にするのですから取付用のビスも新品を使います。これだけで仕上がりが見違えるほど綺麗になるので驚きです。
ついでに引き出しの取っ手も新しいものに変えました。

仕切り板と引き出しはニス塗りしたものです。取り付けには元のビス穴に合わせてピッタリと収めました。アクリル板に使うビスにはワッシャを入れて飾りにします。アクリル板の保護も兼ねています。

仕上がりの色は少し明るめです。側板のニスと合わせてみないと分かりませんが、部屋の中で見ると少し明るすぎるような気もします。見栄えは付けてからのお楽しみですね。

取敢えず左舷側の部材の塗装は完了した事になりました。土日は用事でマリーナへは行けないので月曜日以降に取付に行ってきます。



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
40:お久 by 日本寺テック on 2011/04/11 at 23:24:04 (コメント編集)

わたくしは家で CFRPの加工です

▼このエントリーにコメントを残す