プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

4月1日 自宅にて

ヨット関係のブログを見ると更新をストップしているところが多く、私もブログの更新をしばらく止めようかとも思いましたが、このような時だからこそ元気さが必要だと思って更新を続ける事にしました。
こんなブログですが読んで下さる方がいる限り続けたいと思います。

さて、今週もマリーナへは行かず自宅でキャビン周り部材のメンテナンスを続けています。

一つはバウのスカイライトハッチです。
ヤードのSさんに教えてもらったとおりハッチにアクリル窓を貼りつけました。手順は
1.アルミ枠とアクリルの接触部分をサンディングする。(100番の耐水ペーパー使用)
2.マスキング(枠とアクリルは当然として内側に出来る限りはみ出さないようにアルミ枠とアクリルの間にも)
3.アルミ枠とアクリルの接触部分にシーカフレックスのプライマーを塗り込む。
(一回だけ。アルミ用とアクリル用があるそうですが、アクリル用を両方に使用)
4.コーキングを充当(シーカフレックス295UV)
5.アルミ枠を作業用デッキ(何時も使っているBlack&Decker)に置いて上からアクリルを被せる
6.重石をアクリルの上に置いて一昼夜乾かす
(古いバッテリーが良いとの事ですが、工具箱などあるったけの重石を載せました)
7.シーカフレックスが乾いてから余分な部分をカット
8.ガムテープで枠の外側をプールのように囲み、水を張って水漏れチェック

こんな具合に進めたところハッチの左舷側ロックの近くの窓枠から一箇所水漏れしていました。コーキングの充填が不足していたようです。
確認用の水の乾くのを待ってから水漏れ部分にプライマーを2回塗りしました。どうやらプライマーとはシーカフレックスをアセトンなどの溶液で薄めてあるだけのようなので(同じような匂いがしたのでそう思っただけです。確実ではありません)、薄い溶液なら水漏れ部分に浸透するのではないかと期待しています。
まだ乾いていないので再度水漏れチェックしてから結果をアップしたいと思います。



次にキャビンの内張り再塗装。
前回マリーナに行った時までに左舷側の内張り板を全て剥がしてきています。これの再塗装です。
今日までに古いニスの剥がし作業が終わりました(なんと三日もかかりました)
手順はいたって簡単で80番の紙やすりでひたすらサンディングするだけです。部品点数は長短取り交ぜて15枚あるので結構時間が掛かります。
最初は手作業でサンディングしていましたが埒が明かないので電動のサンダーを使ったらとんとん拍子に進みます。

ところがサンダーの発する音が結構大きいので、家の住人(家内です)のクレームで手作業に戻す事に!
思わぬ伏兵でした。
結局今日時点ではサンディングが終わっただけで、肝心のニス塗りには入れませんでした。



最後はギャレー上の棚の再塗装です。
ルボンの標準装備としてギャレーの直上にFRP製の棚があります。私はこれを食料保管庫、箸やナイフ、フォークなどの食器入れに使っています。
ギャレーも同様にFRP製ですが緑色(初期のルボンは緑の様で、後期のそれは白)が気に食わなくて何時かは作りかえるか塗り替えようと思っていたのです。

今回、キャビンを明るくしたいと思ってニス塗りするのを機に白に塗り替えようと思いました。
この棚は何時も水が掛かる訳ではないので、住宅の外板に使われるポリエステル系塗料で色はミルキーホワイトを使う事にしました。これが上手く行けば内壁の塗り替えにも使えると思います。

手順は普通の塗装と変わりませんが、FRPなので表面を少し荒らす必要があります。手元に400番の耐水ペーパーがあったのでこれを使いました。
住宅用の塗料なので薄め液は水です。
最初は0.5倍程度の水を入れ、薄めにして刷毛で塗りました。これを2回繰り返しましたが下地の緑色が透けて見える部分も残ったので、殆ど原液に近い位にしてもう一回塗っています。
最初の薄くした塗りが祟ったのか、刷毛目だけでなく垂れが目立ってしまいました。

耐水ペーパーに水を付けながらサンディング。刷毛目や垂は消えましたが、下地が所々出てしまいました。

さて、どうしたものでしょうか。原液に近い塗りでは塗膜が厚くなるので厚化粧のようですが垂れが少ないので見栄えは良さそうです。でも刷毛塗りでは刷毛目が付くので上手くありません。
それで次回はローラー刷毛を使ってみようと思います。

明日はマリーナへ出掛け、ギャレーを取り外してこようかと思っています。フォーセット(水栓)の根元から水漏れしているので交換するのと、棚と同様に色を変えたいと思っています。
風が弱ければメインを揚げてリーフラインを決めるのも…

因みに船の部品は高くてフォーセットは10,000位します。家の住人に話したところ普通の蛇口では駄目なの?と目から鱗のような指摘が…
ちょっと確認してみる価値はありそうですね!



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す