プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

2月16日 サイズ確認

フレームの仮組が出来たので最終的なサイズ確認にマリーナへ。

治具を作った時に採寸しているので大きな破綻は無い筈ですが、フロントガードやポリカーボネートを張った後での修正はほぼ不可能なので今のうちに直すところがあれば、という気持ちでサイズを確認します。

前回までは仮組みでしたが、バックフレームは本格的にリベットで留め、フロントフレームだけは2か所ずつ仮のリベットを打ってあります。アッパーフレームはボルト止めしてありますが左舷側の継ぎ手にM5用のタップ穴を開ける時に間違って5mmのドリル刃で穴を開けてしまったため仮止めになってしまいました。
仕方が無いので後で左舷側だけM6ボルト用のタップを切る事にします。

艇には工事用のタラップが掛けてあるのでドジャーを持ち上げるのも楽です。
本体とストッパーを仮止め(前後2か所をネジ止め)して周りから写真を取ってみました。
20110216-001.jpg 20110216-002.jpg

全体のイメージとしては高さが少し高いかな?という感じですが、この角度から見る事は殆ど無いのでどうでしょうか。

もう少し近くで見てみると…
20110216-003.jpg 20110216-004.jpg

それ程悪くなさそうです。

ストッパーのボルトは仮止めなので前後2本ですが、この取り付けは結構しんどいものがあります。少し緩めに仕上げないとボルトがすんなり入ってくれません。
この状態でスライドさせてみます。
20110216-005.jpg 20110216-006.jpg

丁度エンジンの換装をしているSさんが出てきて頭をぶつけそうになり、危ういところで回避です。スライドさせると殆ど意識しないでも出入りできます。

スライドさせる時にハンドレールに引っかかりがあったので一旦外して確認するとハンドレールに引っかき傷のようなささくれがありました。これは持参のやすりで平らにします。

再度取り付けて全部のナットを締め付けるとスライドしません。締め付け面をピッタリに作ったので少し余裕が必要なようです。前後2本の時は大丈夫だったので、ストッパーの中央にかけて微調整する事にします。
現場では難しいので持ち帰りです。

後は一杯に引いた時のブームとの空きを確認します。
左はブームが下がっている時。右は少し持ち上げてセーリングしている時と同じ状態です。
20110216-007.jpg 20110216-008.jpg

ブームが下がっている状態はトッピングリフトでブームが持ち上がっているのを、メインシートを引いて下げているので調整できます。実際は右の写真のとおりの空きができる筈です。12cm~15cm位は空きがあるようです。
太陽電池の厚みが3.5cmですから取付金具の高さを入れても10cm以下位でしょうか。
微風の時のブームの暴れも考慮に入れるともう少し少ないかも知れません。

大きな破綻は無かったので、ストッパーの取り付け位置を微調整する位で済みました。

次はフロントガードを作る事にします。ここには載せませんでしたがスライドハッチとの隙間も測ったので19mmパイプさえ入手できれば作れそうです。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
35:色々検索してます by 日本寺テック on 2011/02/18 at 14:06:26

船舶ですか びっくり!? 何かおおごとですね 工場臨時休暇で久々平日休で ヒマです 東京エレクトーンでも行くか

▼このエントリーにコメントを残す