プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

2011年01月のエントリー一覧

  • 1月20日 出船に舫いを変更

    昨日の続きで舫いの方向を変更にマリーナへ。途中、COSTCOでかみさんとお買いもの。マリーナに来たのはそのついでと言っても過言ではありません。かみさんはお買い物へ。私は艇の舫い方向を変更。何時ものようにスターンから自バースに進入して取敢えずの舫いを固めます。北側(スターン側)の舫い用クリートは北に一つ、西のミッド寄りに一つで北からは二つ取れないようになっています。そこで北のクリートから西のクリート...

  • 1月19日 ドジャーのサイズ再採寸

    ドジャーのバックポーンフレームを色々考えている内に少々ひらめきが!これまでバックボーンはチャネル材をへの字に見て、L字を二重に重ねるように考えてきました。材料が少なくて済むし軽量なので良いと思ったのですがフロントフレームを取り付けるとバックボーンに干渉して削らなければならなく、強度が落ちてしまうのが難点でした。ひらめきとは。バックボーンをチャネル材を組み合わせて十字にしてしまえば強度が増すだけでな...

  • 1月17日 O田さんとヨット談義

    しばらくアップしていなかったのですが、過去日付で。今日はO田さんとヨット談義をしようとマリーナへ。先日不完全燃焼だったものですから。マリーナに着いてエンジンを暖機している内にお昼に。丁度O田さんご夫妻が桟橋を通りかかるところでした。ご挨拶していたら、お昼に招かれてしまいました。渡りに船というところでしょうか。早速お伺いする事に。奥様に作って頂いたお昼を頂き、早速ヨット談義です。最初に乗ったヨットか...

  • 1月16日 ドシャー用治具作成

    今回はドジャーを作っている間、部品類を留めて寸法を維持しておく治具を作成します。何せ金工で90cm×100cm、高さ50cm位の代物を寸法を変えずに置いておくためには部品が保持出来て、各部の寸法出しにも使える治具が必要になってきます。そんな訳で治具自体は木工で、寸法の維持は横幅がずれなければ良しとする位ルーズなものにする事にして制作に掛かる事にしました。(何故ルーズかというと木は入手した時点で曲が...

  • 1月14日 ドジャー制作記録その2 (セーリングに出たいのですけど…)

    ドジャーの原寸合わせにマリーナへ。ドジャー取付部(ハンドレール)に作ったバックボーンと前後フレームをあてはめて横幅の原寸を採りにマリーナへ。着いてみるとセーリングに持って来いの風!いやいや、今日はメンテナンスです!、でも絶好の風なのに?迷う気持ちを抑えながら自バースへ。実は餅つき大会の時、バウの舫いが完全ではなかったように思えて、確認する意味もあります。確かめてみると着岸した時に仮に舫ったままです...