プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

11月2日 誕生会クルージング その2

どうやら 天気が怪しいというのは本当の様です。明け方近く桟橋がギシギシと音を立てて揺れています。時折ザーッと雨音も。7時に寝ぼけ眼で起き出してみると雨は止んでいます。

のんびりとキューバサンドを作りコーヒーを沸かしてコクピットで食していると急に雨が降り出しました。しかも大降りの雨なのでキャビンに潜り込む間だけでスプ濡れになりました。風は余り無かったのですが大降りの雨の時は結構な風です。多分7m以上あるでしょう。海上はどんな状況ですかね。

前日に9時出航と決めてあったので、オイルスキンを着込んで予定通り舫を解きます。
漁港の港内ではセールを減じれば上げたままで良いというのを逆手に取って港内でメインを揚げておきます。こうすれば出航直後に何があっても対処できるからです。今までは余り役に立った例は無かったのですが…

保田漁港の両岸にある灯台を過ぎた直後、あのものすごい風が吹き雨が降り出し始めました。戻るか?と無線で連絡しあいますが、三崎の方が晴れていたはずなのでこのまま行く事に。しかも前方に漁船が居るものと見ていたのは平島の灯標でした。危うく乗り上げるところでしたね。豪雨なのでiPadはキャビンの中ですからコースは感とコンパスだけです。差板を工夫して雨でもiPadが見られるようにしたいです。

吹き始めの風は8mくらいでした。徐々に上がって航路に入る辺りでは12mに上がってきています。このまま航路を横断するなら出来る限り短い方が良さそうです。ポート側には大型タンカーが見えています。水先案内を乗せたタグボートの近くを過ぎるとバウを躱した事になるので、そのまま直進。

この雨と風の中で航路を横断している小さなヨットに気を遣ってくれているのか、入船は皆避けてくれています。だからと言う訳ではないですが針路は第一灯浮標へ。
航路を横断する間中8~12mの風とうねりを伴った南西の波の洗礼を受けました。伊東クルージングでも同様な経験をしているので何ともないのですが、新調したオイルスキンは期待通り一滴の水も通しませんでした。ブランド物ではなくワークマンの合羽とズボンなのです。防水率が高くて24時間雨に晒しても漏れないという機能で、しかもお安いのでセルさんもご愛用。
オイルスキン専門メーカーでなくても防水性能は大したものです。ポケットや首回りの作りは流石に専門メーカーとは比較になりませんがあの物凄い雨にも耐えてくれたので満足です。
灯浮標少し前まではメインだけでしたが、ジブも展開すると一層走りごたえが出ます。ハイアスペクトジブでの帆走は10m位までは普通に行けます。5~10mと適合範囲の広いジブですね。

第一灯浮標からはブロードリーチで快走です。南西の風と波なのでプローチング気味になりますが、波に乗ったり、蹴って進んでいるのは迫力がありますね。追風では面積の小さいジブは不利だと思っていたのですが、ブロードリーチ位までは余り神経質にトリムしなくても行けるので楽に乗れます。クルージングは競争でないので自分に合っていればそれがベストですね。

観音崎を回る辺りから岬の陰になって4m台まで風が落ちます。巨大なブランケットという訳ですね。丁度その辺りは遊漁船や小舟の集まっている場所なので気が楽です。

のんびりセーリングから少し風の上がった時のポッキー艇です。
20201102_001.jpg 20201102_003.jpg

今回はセーリング慣らし中のセル艇
20201102_002.jpg 20201102_004.jpg

遊漁船の塊を抜けるとまた風が上がってきました。6mからあっという間に8mを越えています。艇速も4ノット台から6ノットに伸びてきました。これは楽しいです。150%ジェノアだとファーリングしないとヒールがきつすぎますが、このジブだとそのままで乗り切ってしまいます。まさにクルージング用のジブです。これがレースだったらもっと頑張れるでしょうからもっと楽しい事になってきます。でもレースはやらない事に決めましたからクルージング用のジブとして常用する事にします。

猿島を過ぎる辺りでポッキーさんとはお別れです。この辺りからエンジンを完全に止めました。それでも8m位の風に乗って艇速は6ノットの中盤を指しています。トリムを完全にすれば8ノットは可能?
30ftクラスのヨットなら出来るかもしれませんが、全長8m、水船長5.8mのCatseyeではこれが限界かも。その後、メーター読みで6.8ノット迄上がりましたが、これ以上は機帆走でないと無理なようです。
セル艇はと言うと機帆走なのかどうか分かりませんがピッタリと後ろをついてきています。

それにしても走りが楽しいです。見掛120度近辺で6~8mとふらついていますが6ノットを切る事は無いです。こんな楽しい事をオートパイロットに任せておくのは勿体ないですから観音崎から先はティラーを握っています。パフが入ると船首を風上に向こうとするのをティラーで抑え込むと次の瞬間バウは風下へ。パフが入りそうになったら先行してティラーを抑えてこの動作を防ぎます。一定のコースを維持するとそれにつれて艇速も上がってきます。

とうとうマリーナ近くに停泊している本船の近くまで来てしまいました。そろそろセールダウンのタイミングですね。その本船の風下でセールダウン。風の影響が少なくて済みますね。

クルージングでは何時も機帆走。予定重視のクルージングですからセーリングを楽しむ事は余りありません。風が強い時、150%ジェノアならファーリングしてメインだけの機帆走が殆どですが、このハイアスペクトジブならセーリングを楽しみながらのクルージングが出来そうです。クルージングの楽しみが1つ増えました。

マリーナに着いてセルさん達とお別れです。後は遅い昼食を取ってから帰途に就く事にしましょう。といいつつ船内を片付けて出た次の瞬間、追ってきた雨が追い付いたようです。桟橋を急いで駆け抜けますが雨量の方が勝ったようで前進ずぶ濡れ。折角此処まで濡れずに来て着替えたばかりなのに…

楽しいクルージングだと次にまた行きたくなりますね。次は何処にするかな。


11月1日 お誕生会クルージング その1

いきなりお誕生会?今日はセルさん57回目の誕生日で保田クルージングなのです。しかも久しぶりに聖ちゃんが来るというのでルンルン気分で…

候補日は幾つかあったのですが、1日は良いとしても2日は天気が怪しそう。取り敢えず給油を終えて出航準備完了した佇まい。バウパルピットの赤いものはファーリングジェネカーのタックを取り付けるアイです。即席で強度も怪しいのですが無いよりましと思って付けてあります。
20201101_001.jpg 20201029_003.jpg

出港直後は穏やかそのもので、民さんの艇が近くにいたのでパチリ。
20201101_002.jpg

観音崎までは何時もどおりの晴天、波穏やかです。ポッキーさんが出てくるまではゆっくりと言う事で4ノット近辺を行ったり来たり。
何処でミートするかなと思いながら観音崎を過ぎると岸寄りにポッキー艇。向かい潮なので艇速が伸びないのですが、岸寄りは反流があって5ノット位出ているそうな。

第一灯浮標近くで大型タンカーの通過待ちをしていたら第一灯浮標を過ぎると針路を200度に変えるようで、先導しているタグボートが近寄って来て「千葉方面なら行って下さい、申し訳ありません」と声を掛けてくれました。タグボートから声で指示を受けたのは初めてです。しかも丁寧にお詫び付とはこれ如何に。
でも大型タンカーの直ぐ脇を小型のタンカーがすり抜けて来ているので並走する形で千葉方面へ。

此処からは何時もの斜め横断です。出船は大型タンカーだけで、フェリーの姿も見えません。入船は遠くにタンカーが居ますが斜め横断でもバウを横切れる距離です。

この辺りで気になったのでiPadの電源をチェックするとモバイルバッテリーで充電しているはずが全くされていませんでした。どうやらiPadとケーブル両方とも接触が悪いようです。通電を確認後iPhoneに切替です。iPadは画面を消しながら時々コースの確認、iPhoneは速度と位置を確認するような使い方をしました。船内に置いてあるケーブルはどれを試しても駄目なようです。
湿気や塩気でダメになるのかな…
20201101_004.jpg
保田漁港へはゆっくりと入港。何の問題も無く到着しました。
20201101_005.jpg

何時もの栄丸で食事後、Catseye艇で誕生会です。これは聖ちゃんがODOYAで調達してきた不二家のバースデーケーキ。そうODOYAのケーキ屋さんは不二家が入っているのですね。気が付きませんでした。
20201101_007.jpg

で、いよいよ入刀?!
20201101_008.jpg
誕生日パーティーは幾つになっても良いものですね。尤も私の場合は遠慮していますが…

夜も更けて話に弾みがつきます。が、「ばんやの湯」は22時までなので少し前に解散。そのまま各艇に分かれてご就寝なのでした。
明日はどんな天気になるのでしょうね。


10月25日 セーリングもマリーナライフも楽し

今日はゲストを迎えてのセーリング。風は余り無かったですが一日中楽しめました。いささか散文ですが…

今日のゲストはタモリカップなどで活躍してくれたO谷さん。通称チコちゃんです。最後のタモリカップ以来ですがFaceBookのお騒がせソフトで友達リストの皆さんにご迷惑をおかけしましたメッセージを送ったところ、久々に乗りましょうと言う事に相成りました。

出港してみると東系の風が少しあるだけ。面積の小さいジブでは心許ないですが効率の良さで勝負と言う事で換えずに出港です。
チコちゃんはヨットの経験者なのである程度は任せられます。それでもティラーを握るのは久しぶりなのか時々登り過ぎるようですね。都度修正しながらですがほんのりとした風で大過なくセーリングを楽しみます。

ふとキリンさんの方を見ると3本マストのバークが入ってくるではありませんか。「きぼう」です。写真はチコちゃんに頂きました。
20201025_001.jpg

そう言えば最後のタモリカップでチコちゃんに乗ってもらったメンバーでクラス4位(YBM所属艇では1位)では見られなかったきぼうですが、こんなに近くで見られるとは思いませんでした。

それ以来も微風ですが小さいながらもジブが活躍してくれて2.5msの風でも1.8ノット以上の登り性能でした。微風では期待できないと思っていたジブが思いの外機能してくれたのが嬉しかったです。これならクルージングセールとして常用できそうですね。

ゲストのチコちゃんもティラーを握ってご機嫌の様子です。
少しいい気になってヒーブツーにも挑戦。船によってトリムが違うとは聞いていましたがやってみるとティラーを少し岸舵にした状態でヒーブツーに入りました。勿論波の影響は受けますが微風ならこのセッティングでヒーブツーが出来る事は確認できました。

折しもYBYCのヨットレースのコース近くでBクラスの2回目のスタートに遭遇。ジブの働きを確かめようとスタート直後の船団近くで並走しましたが、弱風にも係わらずジブが良く働いてくれて途中までは付いていけました。後でこの事を話したらレースに出ればいいのに~の連発を食らったので余り喧伝しないほうが良さそうですね。

洋上で食べるものは何でも美味いとはよく言いますが、チコちゃんが用意してくれた栗ご飯のおにぎりが絶品です。サラダも用意してくれていて思わぬご馳走にありつけました。これで飲めればもっと良いのですが、時刻に間に合いそうも無かったので車で来ていたのが残念でした。因みに彼女は味付けを気にしていましたが、酒飲みの割にうす味が好みの私にはぴったりでしたよ。

今日は海の上にいる時間がいつもより長いのです。セーリングで4時間。多分船を手に入れて乗り始めた時は良くやっていましたが、最近は少なくなっていたので、クルージングを除けば最長です。
それでもそろそろ帰港のお時間。楽しい時間と言うのはあっという間に過ぎるものですね。

帰港するとアウトレットに出来た成城石井で3時の仕込みです。丁度良い塩梅にM崎さんがいらしたので三人で酒盛り?
私はコーヒーで、お二人はシャンパンという豪勢な…
帰りの車が無ければ良いのですがね。

暫く酒盛りにお付き合いしているとレースに参加した人やマリーナライフを楽しんだ方々が桟橋を帰りながら挨拶を交わしていきます。メイン桟橋に一番近いバースのメリットですね。件のH本さんもYouTubeを始めたというので大はしゃぎ?
チコちゃんとも気が合うようです。これならゲストにお招きしても大丈夫そうですね。

大分日も傾いて暗くなってきたので散会。途中まで車でお送りしました。

私もチコちゃんも午睡近くから酒盛りするマリーナライフは初めてに等しいので楽しめました(飲めればもっと楽しいかも、土曜日に来て泊りと言うのもありかな…)。
もう少し寒くなってくるとキャビンでおでんに熱燗というのもありなので、これからもマリーナライフが楽しめそうです。

10月18日 オープンヨットレース翌日のセーリング

たまにはセーリングしようか? 行こ~
こんな会話をかみさんと致しましてマリーナに行く事に。

昨日は雨の中オープンヨットレースに参加された方も多くご苦労様でした。私はレースには出ない事にしたので皆さんの苦労された話を聞くだけですが…

朝食にチーズとベーコン入りのオムレツを作りまして、ご機嫌なところをセーリングに誘ったら二つ返事でOKが出ました。気が変わらない内に支度してマリーナに向かいます。何せ一緒に乗るなんて一年に一回あれば良い方ですからね。

天気は晴れ時々曇り。北東5~6ms位の風が吹いています。波も少なくて乗り易そうです。自バースに着いたらM崎さんとY田さんが昨日のレース後から泊まり込みで飲んでいたそうな。お疲れの所、レース談などをお聞かせ頂き出航準備に掛かります。
何時もならエンジンを掛けてメインハリヤードさえ付ければ出港準備完了なのですが、台風準備でジブセールを下したままだったので、まずはセットから。
先のお二人が珍しそうに覗いて手伝ってくれます。セットするジブはハイアスペクトのノンオーバーラップジブです。風の塩梅が丁度良さそうなのと、これからは手軽に出られるように小さいジブを使う事にしました。

手の数が多いと簡単に…比較的簡単に…結構面倒ですね。何とか揚がりましたが一人だともっと大変なので助かりました。ジブシートは両引きにして三本あるサイドステーの一番前のチェーンプレートに設けたブロックからリードします。
以前にもご紹介しましたが、この両引きシートの風上側はバーバーホーラーの役割をします。しかもリードが前なのでリーチを下に引けるようになり、上シートのバーバーホーラーと相まって、まるでレース艇の様なアタックアングル(7度位)まで引けるのです。

準備が整ったところで皆さんに手伝って頂きながら無事に離岸しました。何時もなら一本舫で一人でも大丈夫なのですが、今日の風は北東から吹いていますから岸に寄せられてちょっと苦手なのです。

かみさんは何時もキャビンにいるのですが今日は気持ちが良いのでコクピットへ。吹いている風が心地よいですが少し寒いかな?ベストを羽織ると丁度良い塩梅なので、かみさんにはウインドブレーカーを。
マリーナ湾口を出ると少し波がありますが風は丁度良い加減で吹いています。やはり5~6msですね。

セールアップして八景方向へ。下りだと余りスピードが出ないのはルボンの特性です。3~4ノットしか出ていません。もう少し欲しい所ですが小さめのメインに小さいジブですから当然? いや、セールトリムが決まっていないからです。少しいじると5ノット位までアップしました。

幸浦まで下りで来たら次は登りのテストです。6ms位の安定した風に乗ってどこまで伸ばせるか。
ジブのセッティングはパンパンに張った状態でバーバーホーラーを風上に少し引きます。丁度バウハッチのデッキ面立ち上がりの位置で止めます。まだ引けますがトリムがピーキーになるのでこの位の位置の方が楽に操船できます。

ティラーを握りながら風向風速計で見掛け40度で5ノット、30度で4ノットと出ました。30度辺りではジブをもう少し風上に引いた方が良さそうですが、クルージングなら見掛け40度の方が多少風が振れても吸収してくれるので楽に乗れます。

このまま登り続けたいところですが、幸浦辺りからこのスピードだと直ぐにマリーナ湾口まで来てしまいます。もう少し乗っていたいところですが曇ってきたので引き上げる事にしましょう。かみさんも少し寒そうですからね。

自バースに着けるとY田さんは帰ったそうでM崎さんが出迎えてくれました。一本舫で舫い完了です。
少し遅い食事にしようとしていると同じ桟橋のH本さんが何か聞きた気でした。

やはりビミニトップにソーラーパネルを2枚も載せていると嫌が央にも目に入るので、電力事情を聞きたい人が多いのです。冷蔵庫とヒーターの両方を使っても余るだけの電力はありますがクーラーには不十分なので付けていません。というより付けられないですよね。
冷蔵庫はマックス3A、ヒーターは3.5Aくらいです。冷蔵庫は一旦冷えるとコンプレッサーが動いても2A程度で短時間で止まります。
ヒーターも同程度なので起動時以外はそんなに電気を喰っている訳ではないのです。

それでもソーラーパネルが三枚もあるとクルージング中だけでなく、停泊中の電力は必要にして十分以上のものがあります。良く晴れた日だと翌日帰り着く頃にはバッテリーが満タンになっているくらいです。
ヒーターはキャンピングカーと同じものを使っています。燃料は軽油で時間当たり0.26リッターしか使いません。これがお気に召したようでした。夏はクーラーがあると良いのですけどね…

今日は試したい事が二つありました。一つはハイアスペクトジブ、もう一つは配線し直したバッテリースイッチです。エンジンルーム横にバッテリースイッチがあった時はエンジンを始動するのにキャビン迄降りてスイッチを入れていました。今回の配線変更はバルクヘッドの向こう側ですから簡単に手が届きます。これは便利ですね。二連の丸形スイッチの左側をメインとして右側をサービスバッテリーの切り替えにしてありますが、左右が逆だともっと便利に使えそうです。
太いケーブルは既に配線されているので左右を入れ替えるのは簡単なので何時かやろうと思います。

K道さんに頼まなくても出来そうだとお思いでしょうけど、バッテリーと始動用セルモーターの間の配線ケーブルは直径1.5cm位のケーブルとターミナルのカシメが必要で手持ちの工具では出来ないのです。それにケーブル自体の持ち合わせも無いのでやってもらった方が簡単で確実なのでした。有難うございました。

さて、遅い昼食を終えて帰宅する事にします。夕餉の支度もありますからね…


朝起きたら丁度良い塩梅の風が吹きそうだったのと天気が良かったので久々にセーリングに出て、このところ塞ぎがちだった憂さ晴らしが出来ました。次はクルージングですね。保田かな…


10月14日 下架しました

上架してから台風やら風邪ひきやらで延び延びになっていましたがやっと下架しました。今日は久々の写真もあります。

伸びた原因の一つは台風対策でした。下架した途端に台風で被害にあってはとK道さんにお願いしてスケジュールを延ばしてもらいました。もう一つは風邪。一瞬コロナと疑いましたが直ぐに熱が下がったので問題は無かったのですが、バフ掛けしていたら雨が降り出して帽子もかぶらずに頑張ってしまったのが風邪の原因で、しかも当日はバウの片側だけ残してしまったという情けない状況でした。

今日はバフ掛けの残りをやろうと張り切ってきたのです。これはものの30分で完了です。

もう一つ、バッテリーバンクの主要配線を延長してもらう事にしていましたが…ご担当が今日は詳しく教えてくださいね?…
確かに複雑と言えばそうなのです。
今迄はエンジンルーム横にバッテリースイッチがあって始動用の車バッテリーとサービスバッテリーの選択スイッチを切り替えるようになっていました。
これをエンジンルーム横のスイッチを廃止して、バルクヘッドに付けた二連の丸形スイッチに配線し直してもらおうというものです。今までの二連丸形スイッチの右側はサービスバッテリーに繋がっていてエンジンルーム横の2番に繋がっていました。これはそのままにして同じく左側の丸形スイッチをエンジンルーム横のスイッチと置き換えてしまおうとお願いしていました。

文章にすると複雑そうですがエンジンルーム横スイッチを単純にバルクヘッド丸形スイッチ左に置き換えるというものなので簡単そうに見えますね。

しかし、詳しく教えてねと言われてバッテリーバンクとスイッチの関係を図解すると結構複雑なのでした。しかも物理配線がタイバンドで結束されているので番号だけでは良く分かりません。結局テスターで確認しながらの作業になってしまい、付きっきりで配線を指示しながらの作業になったのですが…

殆ど分かったというので作業をお任せして休憩していると、終わったというので確認して見たら、あれっ…
バッテリーバンクの1番と2番のプラスが一緒になっています。しかもバッテリー端子のスイッチがオンになっているではありませんか。これってヤバいかも…

因みに1番は始動用の車のバッテリー、2番・3番はディープサイクルです。マイナスは一緒ですからプラスが一緒に結線されていると言う事は1番と2番が並列になっていると言う事なのです。ディープサイクルの方が電圧が高いので2番から1番に充電してしまっているのです。とっさに端子に付いているバッテリースイッチをオフにしました。

で、エンジンスタータの配線と1番の配線をバルクヘッド左の丸形スイッチに配線してもらって1件落着となりました。ふ~
配線完了後のテストでは問題なさそうですが上架しているままでは始動できないので下架してからの確認になります。

配線の問題で時間を喰ってしまい下架したのは4時頃でした。エンジンの始動も問題なく出来たので無事終了です。
自バースに戻ってみるとお隣のヨットが居なくてH本さんと目がばったりと合ってしまい、しかも隣には妙齢のご婦人が…

娘さんですね。お初にお目に掛ります。今日は動画を撮ったのでYouTubeにアップするそうです。動画も楽しみの一つにしたいんですとの事です。楽しみの幅が広くなって良いですよね。
暫く経ってからGolden Ladyで探せば見つかるかもしれませんよ。

今日は体を動かせただけでなく、心残りの仕事も完了しました。次はクルージングですが、暫く雨続きの様なので家でDIYをやる事にします。

本日の写真
この角度から見ている限りまるで新艇ですね。
20201014_001.jpg 20201014_002.jpg

船台部分の拡大です。お任せで船底塗装してもらうと船台の部分まで塗装してもらえます。一見何の変哲もなさそうですが、これは船台部を残して塗ってからクレーンで吊って船台を移動して残りを塗るので結構な手間が掛かっていますが、お任せの良さですね。
20201014_003.jpg

いよいよ下架です。
20201014_004.jpg

この角度からの写真は久しぶりです。ソーラーパネルがフレームに沿って曲がっているのが良く分かります。
20201014_005.jpg 20201014_006.jpg

≪前のページ≪   1ページ/191ページ   ≫次のページ≫