プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

3月24日 iPadとオートパイロット、最近のiPad AISアプリ事情

最近iPhoneやiPadを船に乗せている人が増えています。私の周りにもそういった人が一杯居てナビゲーションに使っています。勿論Androidを使っている人もね。
昨日マリーナで聞かれたのはiPhoneでオートパイロットをコントロールしたいけどできますか?という事でした。結論は出来る事は出来るけど、できません。分かったような分からないような…

ポピュラーなオートパイロットはRaymarine製ですね。違うという人もちょっと聞いてください。
ST1000+やST2000+、S1、XPS5などSea Talkベースのオートパイロットを使っている方は出来ない方に入ります。唯一出来るのはiPhoneをリモートコントローラーとして騙す方法です。S100やSmartControllerが出す電波に似せるボックスを使ってiPhoneからコントロールします。余り信頼できそうにないメーカーのボックスなのでお勧めは出来ませんし、どうせならS100を買う方が適切だと思います。

最新のオートパイロットとMFD(マルチファンクションディスプレイ)を使っているとRayControlというRayMarineのソフトでコントロールできます。これからオートパイロットを入れたいと思う方はこれを使うのがベストですが、お高いのでそれなりに出費できる方向けですね。

これが出来る事は出来るけど、できませんという回答の理由です。iPhoneやiPadはそれなりに便利なので、もっと有効な使い方が出来ないかと思いますが、ナビゲーションやAISの情報取得程度に抑えて置いた方が無難そうに思えます。
(私自身が航行中に使っていても操船の方が忙しくて使いこなせないと言った方が適切かも知れませんね)

ナビゲーションとAISは少し前と事情が変わっていて、選択の幅が広がっています。
少し前だったらiPad、iPhone向けのナビゲーションソフトと言えばNAVIONICS、Plan2Nav、iNavXといったところが主流でした。AndroidやWindowsだったらOpneCPNも入りますね。

この内、AISが海図上に表示できたのはiNavXだけだったと思います。…知らないだけだったのかも知れませんけど…
一昨日の鍋パーティーでMarine Traficの話題になったので、動かしてみたら夜中の浦賀航路横断で使ったCruise Mode(ネットでAISと自船の位置を表示する機能)がナビ機能のようなものを備えたOn Courceというソフトとして独立していました。
そんな事だったので今までに調べてきた事も併せてiPadやiPhone向けAISの情報をまとめて見る事にします。殆どの情報はi-Marine Appsというサイトからのコピーです。

アプリナビゲーションAIS表示AIS取得方法海図AISとしては?
NAVIONICSコースナビ×-有料、NAVIONICSのみ×
iNavxコースナビAISレシーバー、トランスミッター有料、選択可衝突判断なし
SEAiqコースナビAISレシーバー、トランスミッター有料、選択可、CM93対応衝突判断なし
Digital Yachts NavLinkコースナビAISレシーバー、トランスミッターUKのみ衝突判断あり
AIS Radarレーダー表示AISレシーバー、トランスミッターなし衝突判断あり
Boat BeaconコースナビインターネットGoogle Map衝突判断あり
Marine TrafficAIS表示のみインターネットGoogle Map衝突判断なし
On Cource疑似コースナビインターネットGoogle Map

全て網羅できているとは思えません。他にもShip Finder HDなどAIS表示するソフトがあります。レーダー表示するものにはドイツ製のソフトで衝突アラームを実装しているものがあります。

表中のナビゲーションで「コースナビ」としたものはウェイポイントを繋げてコースにし、自船の位置を表示しながら目的地まで誘導できるものです。また、海図については現時点で選択できるもので、ソフトの改良によって選択出来る幅が広がるものもあります。アプリに下線のあるものは紹介記事にリンクしています(英語ですけど)。

AIS取得方法でインターネットとあるものは電波が届く範囲なら使えますが、AISの情報をデータベースに取り入れてから一定の間隔で配信するので遅れた情報です。これを見ながら夜間に航行するのは避けた方が無難です。ワッチしながらこの本船はどの方向に進んでいるのかな?位の使い方が適当かと思います。この記事では私がヨットで使う事を前提にしています。ボートの場合はスピードが違うので違った判断になると思います。

AISレシーバーやトランスミッターから取る情報はリアルタイムです。今現在の位置情報や向きが分かるので夜間の航行でも使えます。また衝突判断があるものは自船や相手の進行方向と速度を計算して衝突する危険がある場合はアラームで知らせてくれます。この機能はNMEAのセンテンスでCPAとTCPAが扱えるかどうかで、CPAは最接近地点、TCPAは最接近地点への到達時間です。CAPは自船を起点にした距離の円になり設定で変えるようになっています。

衝突判断なしとしたものでも出来るものもあるかも知れませんが、CPAが扱えるものをありとしています。衝突判断と言うのは中々難しくて、どのくらいの設定をするかによって有用かどうかが決まります。CPAを大きめ(例えば1NM)に取ると東京湾内ではアラームが鳴りっぱなしになりますね。DIGITAL YACHTが適切な設定値を公開していたので紹介しておきます。CPA and TCPA Alarms Explained

On Courceというソフトはまだ未知の領域で良く分かっていませんが、行先と距離を設定して航行し始めると自船の位置をネットに送信しながら相手船の位置と方向を地図上に表示してくれるようです。CPAにも対応しているようなので電波の届く距離を航行するなら有用かも知れませんね。もう少し使い込んでからレポートしたいと思います。

一昔前ならPCでしか実現できなかったAISもiPadやiPhoneで使えるようになってきました。それでもレシーバーやトランスミッターからのAIS情報をiPadやiPhoneで受信するのには少しハードルが高いのが現状です。
「船長さんの無線ショップ」ではトランスミッターとWifiのセットでこのハードルを下げて販売しています。PC向けと言っていますが、WifiであればiPadやiPhoneで受信できるので、必要であれば相談して見て下さい。

ハードルを下げる方法やアプリについては順次紹介していきたいと思っています。




3月23日 初セーリング

ボードウォークのビジターバースで目が覚めたのは7時頃。今日は象の鼻桟橋まで行って中華街でランチでもしましょうという事になっています。
でも昨日のお酒がまだ残っているし眠いし…結局起きたのが9時でした。
何時も起きるのが遅いセルさん達なのに今日は早くておはようと声が聞こえます。

手早く船内を片付けてヒーターを点けたら船内にご案内です。寒い時にはポカポカ船内が一番のご馳走ですね。象の鼻事務所に連絡してもらったようですが、今日は先着があるようで駄目だったようです。
こんなに近い横浜港なのですが、食わず嫌いと言うか一度も入ったことが無いのです。大型船に交じって入るのが億劫なだけなのですけどね。

もうすこし寝ていたいところなので釣りに行くというセルさん達を見送りますが、晴れてきたので出港する気になりました。後を追うように出てみます。

南東3~4m、フルセールを張って八景島を目指します。ドジャーが骨組みだけなので5年振りくらいに風をまともに受けながらの帆走です。徐々に南に振れてきていますが久々に快調な帆走です。オーパイと風見だけなので速度が分かりませんが、3ノット位でしょう。
並走しているヨットよりも前に出ていくのは…オーパイのウインドベーンモードは偉大なのです。風の振れに合わせて勝手に進路を変えてくれるので自分で舵を握るよりもお上手なのです。

八景島沖ではセルさんが釣りの真っ最中。釣れていないようですね。
もうすこし走りたいのでエールを送りながら進ませます。

晴れていますが寒い! 船内に入った時に暖かい様にヒーターを点けましょう。
でも一度キャビンに入ると出たくなくなります。スライドハッチから顔を覗かせてワッチしながらの帆走ってどうなのよ…

結局寒いのが苦手で戻りますが、変針した途端に風が落ちて機帆走に。途中でセル艇に近寄ると今度は聖ちゃんが釣っている最中でした。これで上がりますねと声を掛けてからはエンジンの回転を上げて帰路を急ぎます。

行きはセーリング、帰りはモーターボートという何時ものパターンになってしまいましたが、一応初セーリングなのでした。

もうすこし暖かくなったら帆走全開にしましょうか…


3月22日 クルージング変じて鍋パーティー

先々週セルさん達と保田へクルージングに行きましょうというのを体調が悪い事を理由に断ってしまいました。地球がグルグル回るというコンディションだったのでダメだったのですけどね。
体調が戻ってきたので、もうそろそろ良いかなと連絡したら、水曜日頃に天候を見極めながら行く事にして、駄目なら鍋パーティーにしましょうと。
そんなに訳で初セーリングが初クルージングになるか…

今日の天候は晴れだけど風が強くて出られるかどうかという瀬戸際です。12時頃までに10mを切ったら保田に行く事にしていますが…
マリーナに行ってみると風は落ちてきて10mを切るようになってきています。寒いけど無理をすれば出られない事は無いかな~

でも寒いので、気持ちは鍋パーティーに傾いているのですよね。そんな気持ちが通じたのか相棒達も鍋が宜しいようで。
自バースでやるのも何なのでボードウォークのあるビジターバースへ移動したのでした。

食材は近くの団地にあるスーパーへ調達に。広い団地なので大きなスーパーやアーケードがあるのですね。
好きな物を入れる事で食材を物色します。それでも買い物は女性に入ってもらうのが一番ですね。あれこれ必要な物を入れている内にカートの買い物かごは一杯です。豚肉、鳥団子、牡蠣、鱈、舞茸、白菜、ホウレン草等‥
これ…誰が食べるの?位の量を買い込んで船に。

食材の内、加工が必要なものはお任せして鍋とコンロ、春雨の湯通しなどをしていると切った食材が到着。早速鍋に投入です。
それぞれ食べたいものを買ってきた割に普通の寄せ鍋になりました。鍋奉行はセルさんにお任せして私は日本酒を頂きます。

鍋は大勢でつつく方が美味しいもの。コンロの火力が弱めなので蓋をして煮えるまではあれこれと日頃話せない話題で盛り上がります。こういう時のお酒は要注意なのですよね。会話が弾むと喉が渇いて飲み干し、鍋が煮えると美味しいのでまた進んでしまいます。1時間半くらいの間に五合のボトルが空いてしまいました。これって、お二人ともいわゆる下戸なもんですから一人で飲んでいます。

で、戸棚から追加のお酒を取り出して更に。鍋は美味いし会話もお酒も弾むという事ですね。

鍋が空になってからも会話は止まりません。鍋の火が止まると寒いのでヒーターを点けると船内はポカポカになります。船内禁煙なんて野暮な事はしないので、三人ともプカプカとやっていますが、流石に煙いので換気しながらですけどね。
結局5時頃に始まった宴会は8時過ぎまで続き、あれだけあった食材も殆ど空になりました。食べた~、美味かった~

後片付けも三人であっという間に終わりです。またやりましょうね。

流石に一升瓶にして6分目位(よりも少し多かったかな)まで飲んだので、散会してからは風呂にも入らずにベッドへ。ヒーターの余熱で船内はポカポカです。あっという間に…おやすみなさい。


船中泊と鍋パーティー。寒い時はこれに限るかな。

3月5日 何となく分かってきた…

暇つぶしがてらネットを彼方此方と検索してました。
お題はコンピュータ・ナビゲーションに必要な情報をどのようにして得るか、何をナビとして使うのが良いか…です。少し専門的な言葉が出てきますがご勘弁を。

最初はiPadに固執していたのですがOpenCPNが結構使えそうな事が分かってきたので範囲を広げたら。

最初に引っかかったのがRaspberryPiでした。小型のコンピュータです。iOSやWindowsなどと違って一種のLinuxをOSにしていて、学習を目的としたコンピュータといった色彩が強いものです。

インターフェイスに汎用的な物を使っているので周辺機器を繋げてコントロールできるようになっていますし、コンピュータとしては安いです。昔のボードコンピュータと違ってOSやソフトが充実しているので直ぐに遊べそうです。ボート単体でも売っているので組込みシステムとしても使えます。
(組込システムって難しそうですが炊飯器にだってコンピュータが組み込まれています。使う人は炊き上がる時刻を指定するだけですが、コンピュータが時刻の管理やスイッチを入れたり切ったり、温度などを制御しているのです)

見た目は小さなボックス型のコンピュータで煙草の箱位。それでも必要なメモリーやHDMI(ディスプレイを繋げます)、メモリーカード、USB、LAN、スピーカー端子、GPIB端子などコンピュータとして必要なものは全て持っているというものです。

これにOpenCPNを入れてナビゲーションシステムに使っている人や、GIPIB端子を使ってNMEAやSea Talkのデータを集めてWifiのカードで飛ばすなど多彩な世界が広がっています。中でも面白かったのはAISレシーバーとして使っているものでした。


で、更にYouTubeを探っていたらスティックPC(Windows8や10が乗ります)やAndriod端末にOpenCPNを入れてナビゲーションに使っている人もいました。
スティックPCはディスプレイのHDMI端子に差すようになっている超小型のコンピュータで、今までは殆どがメモリー2GBだった事からWindows10を動かすのには役不足と思っていました。

ところが今年に入ってから4GBのもの発売されるようになっていて、OpenCPNを動かすのに十分なスペックを持つようになってきたようですね。ディスプレイの裏側に隠れてしまいますから、ノートやタブレットPCよりも小型?、しかも電気を喰わないのです。
Windows以外にLinuxやAndriodを入れる事も出来ますから汎用の小型コンピュータと言ったところです。これもちょっとした工夫だけでAISの情報が受信できるようになっていました。


ここで疑問に思ったのはiPadでOpenCPNは動かないの?という事です。残念ながら現時点では動きません。YouTubeに自分はiPadでOpenCPNを使っているぞ、というのが有ったので拝見したところ、ノートPCに入れたOpenCPNをiPadの仮想コンソールから覗いているだけでした。これなら誰にだってできるし、iPadに入れたとは言い難いものです。

AndroidにだってOpenCPNを入れられるのでと言いましたが、実はAndroidのOSは一種のLinuxなので移植が簡単なのです。しかもパッケージの形を採っているのでOpenCPNを入れるのは簡単なのですね。
(Linuxと言っていますが元々はUNIXというOSの事です)

始めのRaspberryPiに戻りますが、GIPBというインターフェイスを持っているので、ロボットなどに使うモーターを制御する事も出来ますし、RS232CやRS422のUSBコンバータを使えば通信というのも簡単に出来てしまいます。なのでNMEA0183やNMEA2000のデータをWifiで飛ばすソフトや、Sea Talk(実はバイナリの双方向通信でRS422とほぼ同じ)の風向風速計、深度計などからデータを集めてiPad、Andriod、Windpows等に向けてWifiで飛ばすという芸当も出来ます。パソコンを使ったマルチプレクサですね。


RaspberryPiやスティックPCの使い方の中に共通してAIS受信機というのが有ったのでちょっと興味がわきました。USB接続の受信装置さえあれば、この小型コンピュータがAIS受信機に早変わりというものなのです。

?…仕掛けを調べていく内に納得でした。AISの情報はVHF周波数帯に乗ってやってきます。これを受信してテキスト形式にデコード、NMEAのセンテンスに区切り、USBなりRS232Cに出力してやれば立派なAIS受信機という訳です。
(デコード・復調というのは波形に乗っている情報を基の形に戻すという事です。電波も波形ですからね)

受信機と言う形を採らなくともOpenCPNと同居させればAIS受信機付きナビゲーションPCが出来上がるという寸法です。
でも、そんな事、やるにしても大変でしょ!…

いやいや、コンピュータというものは適当なインターフェイスとソフトさえあれば何にでも化けられるのですよ。
調べたら、ありました。VHFの波形からAIS情報を復調するソフトが。ここでは詳細は省略しますがAIS受信機を信じられない位の費用で実現できそうな情報が集まりました。

これはやって見る価値がありそうですね。でも、やっている時間が…



3月4日 AISついでに

ボートショーでのAIS情報を載せたついでに他の選択肢がないかネットを探ってみました。

安くて現在でも売っているものは少ないのですが、いつの間にかAmazonでデジタルヨットの製品が売られるようになっていました。AIS受信機のシリーズでは一番安価なAIS100という機種です。他にも少し高いのですがUSBが使えるものも発売されています。

AIS100はシンプルな構成でVHFアンテナ端子とRS232C出力しか付いていません。それでもクラスBの2チャンネルに対応するなど基本的な機能はしっかりと押さえています。価格は約35K円。
因みに電源はRC232Cの端子から供給します。

パソコンで使うならRS232CからUSBに変換するアダプターを使えばOK。iPadやiPhoneならWifi経由でないと使えないのでRS232C-Wifi変換器を使います。同様にAmazonで売っているのですが気になるのは技適。

外国製のWifi機器を使う場合、国内の技術適合基準に合っているかどうかという通称「技適」が適用されていないと電波を発信した時点で電波法違反になりますね。スマホに外国製のSIMを差し込んで通話する場合も同様な様です。

Amazonで売っているものの中には技適を受けているものもあるので、それを使うのが宜しいようです。技適を受けた機器は総務省のホームページに掲載されています。

で、AIS100はRS232Cのポートから出力しますが、端子を見たら丸いPS2タイプでした。PS2って一昔前には主にパソコンのキーボードに使われていた端子で9ピンタイプです。RS232CのデータをWifiで飛ばす機械の殆どは平形の15ピンタイプなので変換ケーブルが要りますね。(ピンの数が違いますが心配は要りません。要は使われていないピンがあるという事です)

Wifi変換器はAmazonで7K弱、変換ケーブルは0.2K位なのでトータルでも43K位でiPad用のAIS受信器が手に入る事になります。勿論サポートは無いので自分で問題解決できないと無理ですが…

もう少し調べればもっとリーズナブルなものが見つかるかも知れませんね。
でも今日はこれにて…


≪前のページ≪   1ページ/149ページ   ≫次のページ≫