プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

6月24日 ギブスとれました…

金曜日にやっとギブスがとれました。まだ無理は禁物のようですが…

とれたギブスには先週末のカナダ艇Virginiaのクルーが書き込んだサインが残っているので記念に頂いてきました。クラブの会長によるとバージの交換が一方通行になっていて、帰国後送ってもらうまでは記念に撮っておいてほしいとの事…
なんでこんなものが…というのはさておいて。

まだ左手で重いものを持つのは無理で、船でシートを引くなんて言うのももっての外、のようです。もっとも力が入って無理が掛かると少し痛みが来るので限界が分かり易いです。案外船では火事場の馬鹿力とばかり無理をしていることもありますから、6月一杯は無理しないようにします。

で、体は元気なので何をやっているかというと、先般の3Dプリンターで遊んでいます。これが結構面白いのです。

生来の天邪鬼ですから、簡単に何でもできると直ぐに飽きてしまうのですが、これは結構奥が深くて簡単にはいきません。私のは熱積層型の開放型といって、線状になったフィラメントというプラスチックを熱で溶かしながら細い線を積み重ねと行くものです。細い線、薄い線という方が当たっているのですが、0.05mmから0.2mm位のものを積み重ねるので結構時間がかかります。

フィラメントの材質には色々ある内のABSとPLAが主流なのですが、それぞれ特徴があります。
ABSは強くて柔軟性も少しありますが、PLAは硬くて脆いのです。完成物の比較を挙げると
ABSは
比較的熱(100度位)に強く、水に濡れても大丈夫です。夏の車の中に置いていても大丈夫ですね。硬くてもある程度しなります。
PLAは
60度位で溶け出しますし、水に浸すと溶け始めます。硬くて脆くハンマーで簡単に砕けます。

両方とも油には弱いですし、シンナーやアセトンは接着剤にも使える様に溶けてしまいます。
最近はPLAでもABSの特性に近いものが出てきているので、作るものによってどのフィラメントを使ったらよいのか考なければなりません。

一方、プリントする時は
ABSは
高い温度でプリントします。印刷するためのヘッドの温度は220度から240度、印刷物を置く台(ヒートベッド)は80~100度に熱します。こうしないと印刷したものがヒートベッドから剥がれてしまいますし、急激に冷やしたフィラメントは急に縮むのでそりが出てしまいます。特に高さがあるものは温度に注意が必要になってきます。印刷物にオーバーハング(上に行くにしたがってせり出しているような場所)があっても垂れないので支え(サポート)が要りません。
複雑な物でもサポートなしで作れるので、印刷が速いという特徴もあります。

PLAは
比較的低い温度でプリントします。大体180~220度です。ヒートベッドは60度位がよろしいようですが、物によっては熱しなくても印刷物が剥がれると言う事はありません。逆にタレが起きたりするので、オーバーハングがあるとサポートを入れないと曲がったものが出来上がってしまいます。その為、ノズルから出たフィラメントは速やかに冷やす必要があります。
またノズルはフィラメントを溶かすために高温になっていますが、その近くの送り出し部は冷えていないと詰まりの原因になってしまいます。つまり高々1cm位の間に上から低温、高温、低温と重なり合う物凄い関係にあるのです。低温と言っても冷却ファンで冷やすくらいですが…
PLAの良さは印刷が終わるまでの間、印刷したものの温度管理にそれほど気を使わなくても良いところにあります。もちろん冷却ファンをアップグレードすればと言う事ですけどね。

これは材質には余り関係ないのですが、ヒートベッドとノズルの隙間が0.2mm位と紙の厚さなので、隙間調整が必要になってきます。これを四隅でやって中央も同じ高さに揃えるのです。

これまでにPLAではうまく印刷できたものがABSではなかなかできていません。原因は「そり」。そんなにシビアな物かと思ったのですが、論より証拠で3cm位の高さの物を作った時に中央はそのままでしたが、両端で1cm位底が上がってしまいました。
また、ヒートベッドの温度を高くしても食いつきが悪くて印刷物が動いてしまうと言う事もありました。食いつきの良い事で評判の高いULTRABASEというものを使っていてもです。

フィラメントの扱いの違い、印刷するときの注意点等々変わる要素が多く、気温や湿度も影響してくるので思う物を簡単に作れるようになるまでは結構時間が掛かりますね。

これだから面白いのです。今のところ思うようなものが作れたのは4点だけ。しかも3Dプリンターの拡張部品です。色々と便利なものがネット上にアップされているので拾い集めてきてはプリントしています。自己拡張型とでも言いましょうかね。

これはノズル周りの冷却ダクトを作っているところです。ヒートベッド(黒い板)の上手前にあるのがPLAで作った冷却用ダクトで、印刷中のがABSの物です。先にご説明したようにPLAは高温に弱いので、ABSで印刷し直しています。
20180624_001.jpg

これがPLAで作ったもの。
20180624_002.jpg

これはABSで印刷中。印刷物の周りについているのはプリムといってヒートベッドとの密着性を高めるための捨て材です。
20180624_004.jpg

これは印刷中のコントローラ。左の温度がノズル、右がヒートヘッドの温度で、少し低めにしてあります。ABSなのでファンは止めてあります。
20180624_003.jpg

今までに印刷したのは
よく使う工具のホルダー
20180624_005.jpg

ノズルホルダー
20180624_006.jpg

フィラメント送り出しのハンドル
20180624_007.jpg

ケーブルとフィラメントの送り出しチューブをまとめるクリップ
20180624_008.jpg

実は自己拡張というより自己増殖型の部品ばかり作っていて、本来作りたいものは作れていません。ヨットの部品を作ろうと思って居たのですが、自分用の物を作る為には3Dのデザインソフトでオブジェクトと格闘しなければなりません。難しいかというと四角や丸のパーツを並べて結合したり、穴をあけたりと簡単なのですが、覚えるまでが大変なのです。作れるようになるまでもう少し時間が掛かるようです。


左手が動かせないからと3Dプリンターを買ったのは良かったのですが、このままだとのめり込んでしまいそうな気がしてきて怖いです。肝心のヨットに乗る時間が取れなくなったら元も子もありませんからね。

6月17日 カナダ艇歓迎パーティー

スクラッチレースの後はカナダのシアトルまでヨットを運んでいる最中にYBMに寄港したヨットメンバーの歓迎パーティーです。お忙しですが、外来艇はいつ来て出ていくか分からないので仕方の無いところなのです。

パーティーの用意をしていると喉が渇いてきたので冷蔵庫からお茶を取り出して頂きます。手を怪我してからはお茶専門なのです。これでなかなか治らないというのはどうしてかな…

レースメンバーでK林さんは用事があるので出られませんが、他のメンバーは行ってみようかなと興味深々。用意が出来上がる頃には皆さんご参集です。

直ぐにビールで乾杯。和やかに会話が弾みます。と言っても流ちょうなのはM山さんだけかな。私の英語もかなり怪しいのですが、皆さんなんとかお話ししているようです。
これは最後に撮った集合写真。右から二人目の女性はフランス人との事。
20180617_002.jpg
楽しい仲間たちです。

20180617_006.jpg
彼に聞いたら、台湾で船を造り、YBMに寄港してからカナダのシアトルまで運ぶという事です。ビクトリアに住んでいるそうで、景色は良いし、島や入り江がたくさんあってアンカリングスポットには事欠かないそうです。ヨットで走るのにはうってつけの場所ですね。それでも干満差が4mあって流れが10ノット近くになると言いますから海図と干潮表は欠かせませんね。
これはチコちゃんと一緒に聞きながらのお話。

20180617_011.jpg 20180617_008.jpg
皆さんお話が盛り上がっているようです。

20180617_004.jpg
こちらの女性は偉い方の様で写真を送って下さいねと名刺を頂きました。

20180617_001.jpg
で、最後はバージの交換なのですが、向こうのは後で送るねと言う事でしたが、遂に私のギブスに皆さんでサインを…
取り合えず写真を撮ってもらったのですが、何時か掲載することにします。

船に招待されたので中を拝見することにしました。50ftのヨットの中は贅沢そのものの作りです。アフトキャビンも広くてまるで家の中にいるような感じです。バースも多いのですが8人全員分は無さそうでした。30日位かけて太平洋を横断するならワッチも交代でしょうから寝る人の分だけあれば良いのかな…

豪勢なヨットでした。こんな交歓も良いものですね。

皆さんと別れてくるまで帰宅。帰ると疲れが一気に出たのか朝9時までぐっすりでした。


6月17日 スクラッチヨットレース

待ちに待ったスクラッチヨットレースに参戦してきました。

何時もシングルで走っているのでレースになると大変なのですが、今回は強力な助っ人が3人もいるので心強いのです。ブログ仲間でマリーナでもお友達のK林さん、その友達のK谷さん、そして紅一点のK谷さん…あっ、こう書くと同じだからチコちゃんとしておきましょう。

実は手首を折ってから悪化させないようにと外出制限?だったので、運動不足は否めません。体が動くかな…
それでも軽いものなら左手で持てますからティラーを支えるのは大丈夫そうです。


前日から海快晴をチェックしていましたが、どうやら微風のレースになりそうな気配です。K林さんと艇長会議に出てレースコースや注意事項を聞いて自艇へ。メンバーが揃ったところで写真を撮ってもらいました。
20180617-0 (4)
お隣でクラブ会長のO田さんも一緒に出場。皆さんで一緒に。
20180617-0 (3)

CatseyeはGクラス(最後のクラスです)、O田さんのNEVER LAND IIIはマイレデイのクラスでEクラスです。どちらもスピンを使わないのんびりクラスですね。
のんびりクラスのスタートは11:15ですが、少し帆走練習した方がよいとの事で早めに出港です。

本部艇の近くでタックとジャイブの練習を少しやってからスターラインへ。K林さんがメイン、K谷さんとチコちゃんが左右減のジブ担当、私見が右手でヘルムを握るというポジションです。
スピンクラスのスタート前にスタート練習があるのですが、それよりも位置取りの方が大切と言う事でスタートラインを時間を測りながら流していきます。風向きと潮の流れを考慮して下にポジションを取りましょうとのK林さんのお言葉通りにスタートラインの下マーク近辺に位置取ります。

後ろを見たら何とMさんのHIROや民もいます。やはりレース慣れしていると違うんですね。
ところで動画にもあるようにコンディションは微風。東1~2mです。波がないので良いのですが、何となく昨年のタモリカップを思わせるような…

K谷さんの秒読みでスタート。ピッタリのスタートが切れました。しかも周りは強豪ぞろいで、あっという間にブラインドに入ってしまいました。これでは重いCatseyeは進めません。あっという間に置いて行かれてしまいました。

ここからは忍耐のレースです。わずかな風を掴もうとしますが、暫く乗っていないのでなかなか思うようにいきません…これって単なる言い訳ですね。微風の練習をサボっていたので下手なだけです。
20180617-0 (5)
途中からK林さんとヘルムを交代。暫くやってもらっていましたが、風が無いので諦めて再度ヘルムを交代しました。時刻は12時半なのに上マークにはまだ距離があります。タイムリミットは1時ですからDNFは確定、それでも何とか上マークだけは回りたくて頑張りますが、あと50mというところでタイムアップ。
非常にも本部艇が引き上げていきます。
この写真はFaceBookから拝借させていただきました。
20180617-0 (2)
残念な結果ですが、上マークの近くまで行ったので昨年のタモリカップよりも進歩した?…

自バースに戻って皆さんお疲れさまでした。ゼッケンを戻して帰港報告している間に艤装を解いていただきました。ありがとうございます。

表彰式では余りの微風だったためにスピンクラスでもDNF続出で順位がつけられないという有様、もちろんのんびりクラスに至っては殆どがDNFでした。
と言う訳で恒例のジャンケン大会で表彰するという…これにも負けてしまい結果はゼロでした。
20180617_162032.jpg
微風では走らないクルージング艇のCatseyeですが、同じように重いカタツムリや民が先に行っているのでもっと腕を磨かないと入賞には程遠いようです。もっと練習しよっ…

微風のレースは忍耐ですが、天気に恵まれて楽しく過ごせました。これに懲りずにまたレースに参加しましょうね。
今日はこの後クラブで外来艇の歓迎会があるのですが、その様子は次の記事で。

今日の動画
微風とあってぬるい画像になってしまいました。15分ほどあります。




6月11日 とうとう3Dプリンターを買ってしまいました

以前からず~っと欲しかった3Dプリンター。左手を骨折してからずっとYouTubeばかり見ていたのですが、ヨットだけではなくて3Dプリンターの事ばかり調べていました。

何故3Dプリンターかというと、左手が使えなくても物が作れるからという理由もあるのですが、プラスチックで色々な部品が作れるのが魅力なのです。例えばアルミパイプの継ぎ手、L字金具、微妙な角度で市販品にはないもの等などを硬質プラスチックで作れます。

3Dプリンターというのは細い棒状のプラスチック(フィラメントと言います)を熱で溶かしながらXYプロッターの様に動かして形を積層していくものです。少し前に大流行でしたが、最近は少し熱が冷めている?…いやいやまだまだのようです。

一口に3Dプリンターといってもピンキリで、工業用のものは飛行機の部品や家そのものまで作ってしまいます。我々の手に届くものは大きくても50cm四方位で高さが50cm位までの物を作るのがせいぜいです。その中でポピュラーなものは20cm四方で高さも20cmくらいなのですが、大きなものを作るなら大きいものが良さそうです。

またプリンターメーカーも様々で完成品だけでなくキットで売られているものもあります。その殆どは中国製ですから恐るべし…ですね。以前は安かろう悪かろうというイメージがあったのですが、最近の製品は質が上がってきていて、YouTubeなどのレビューでも十分使えるものになっています。組み立てキットか完成品かというのは余り意味がなさそうで、何方も手元に届いた状態では多少の組み立て作業があります。

フィラメントには色々種類があって植物由来のPLA、お馴染みのABSが主流です。PLAは比較的作りやすくて作ったものは硬いので簡単な部品を作るのには向いていますが、弾力がなくて脆いそうです。ABSは弾力もあり力が加わってもいきなり壊れると言う事がないので部品作りには向いているようです。

ただPLAには添加物?として材木、ポリカーボネート、カーボン、アルミ、銅などを練り込んで均一にしたものがあって、色々な物が研究開発されている状況です。これは少しの間目を離しただけで全く違うものに変化して居そうな気がします。既にABSとほとんど変わらないPLAというのも出てきています。が、ヨットで使う部品には紫外線に強いというのが大切なので、この辺りはどうなのでしょうかね。ちょっと面白くなってきました。

と言う訳で色々とYouTubeを参考にしながら決めたのがこれ、Creality CR-10Sという機種です。国内ではボンサイラボが販売しています。
20180611_000.jpg
YouTubeのレビューでもお勧めだったのが決め手ですが、造形できるサイズは縦横30cm、高さが40cmで個人用のプリンターとしては大きい方の部類に入ります。部品を作るだけなら余り大きくなくても良いのですが、以前に書いたようにRCの分野でも使えそうです。

Amazonでボチッとしたのが8日で、翌9日には到着して組み立てを始め、テストプリントした結果不具合が分かったのが10日という速さでした。

実はもっと早く頼もうかと思って居たのですが、左手を怪我したままでは思うように組み立てられないので躊躇していました。それでも左手が少しずつ動かせるようになったので踏み切ってみました。
組み立てと言ってもガントリーと土台を組み上げて配線するだけなのですが、色々と考えてなるべく左手を使わなくても済むようにして完成。まだブルーの飾りは付けていませんが、こんな風になっています。
20180611_001.jpg 20180611_002.jpg
台の上の黒いのがヒーター付きのプリントベッドで元はアルミヒーターの上にガラスだけでしたが、オプションの黒いサポートを載せました。ガラスだけだと造形したものが剥がれやすく失敗の元とか。PLAで60度、ABSだと90度に熱して造形物の変形を防ぐようになっています。

ガントリーの真ん中あたりにあるファンの付いたものがプリントヘッドで160度から260度位でプラスチックを溶かしながら押し出す仕組みです。ベッドは前後方向、横方向はヘッド自体、縦方向はヘッドをサポートしているバーが上下します。

3Dプリンターは熱をある程度一定に保つ事が大切で温度管理をしっかりしないと造形物が途中で曲がってしまうこともあるそうです。9日は天気が良くて暑かったので良かったですが、ヘッドやプリントベッドの熱で近くにいると汗びっしょりになります。ある程度目途が立ったらエンクロージャーを作って別の場所に移した方が良さそうですね。

組み上げて直ぐにプリントしようとしたのは招き猫なのですが、中々うまくいきませんでした。3Dモデルから積層してプリントするコードに落とすCuraというソフトで色々と試しているうちにSDカードのスロットがうまく動作しなくなって読み込めなくなりました。初期不良のようです。この写真ではコントローラの上にSDカードを載せてあります。容量は8GBでも十分な様です。
20180611_003.jpg
販売元とメールでやり取りしながら今は返答待ちの状態。早速色々な物を作ろうとしてABSとPLAのフィラメントを注文したまでは良かったですが…

ヨットと余り関係ないようですが、モノ造りをしていると市販品の部品ではちょっとした事でフィットしないことが多く、と言って改造するのには溶接やら何やら手間が掛かるというジレンマがあって自分で部品を作れないものかというのがありました。
そういう意味で作るものは殆どがヨットに関係するものになると思って居ます。

取り合えずオーナーズベンチのホルダーを作りたいと思いますし、プリンターと3Dソフトに慣れたらドジャーのハードトップをこれで作りたいというのが目標です。

小人閉居して不全を為す、にならなければよいのですが…



6月2日 YBMボートクラブ10周年記念パーティー

このところヨットに乗りに行けない日が続いているので気晴らしにボートクラブの10周年記念パーティーにカミさんと一緒に参加してきました。
少し早めに行って艤装を換えてしまおうという魂胆も。

昼前に着いてまずは艤装の変更から始めます。この部分の写真は撮れなかったのでご容赦ください。
換えるのはブーム側のメインシートブロック。両サイドに引いていて中村船具のダブルブロックを使っています。これをゆうこうマリンのセールで調達したBARTONの大きなものに換えようというものです。サイズは少し大きめの58mm。12mmφのシートでも大丈夫でルボンにはちょっと大きすぎたかな?

今日は快晴で気温は26度、シートを抜いている内にも汗が流れ落ちてきます。左手を使わないと抜き切れないのでかばいながらの作業です。右手だけでも結構な作業ができるなと思って調子に乗っていると左手首の痛みが強くなっきます。どうしても左手を使うので、これはちょっとまずいかな…

取り合えず左舷側のブロックを交換したところで左手の痛みが強くなってきたので作業を中断しました。骨折してから3週間経っているので大丈夫かと思ったのですが、まだ早かったようでした。もう少し養生が必要なようですね。
カミさんもあきれ顔…


そうこうして居る内にパーティー開始のお時間に。
センターハウス前の広場がパーティー会場です。受付で抽選券を受け取って場所を探し始めるとボートクラブの会長とお会いしました。先方から挨拶頂いて恐縮しながら後から来るYBCCのメンバーが入れるだけの席を確保。
このパーティーはボートクラブが出来て10年目を迎える記念に行われていて参加自由ですからオーナー以外の一般の人も参加できるというものです。出店で売っているものは定番の焼きそばからローストビーフまで様々。アルコールは色々ありますが禁酒中の私には関係ないのでパス。

O田さんの奥さん、息子さん二人とご夫婦、子供さんと一緒に席についているとYBCCの面々も徐々に集まり始めてパーティーが始まりました。始まりは横浜中華学校の中華獅子舞から。
20180602_001.jpg
騒々しい爆竹の音で一般の人も何事かと集まってきたようですね。前の席はまだ空いていますよ。


獅子舞が目玉なので2回公演だそうですが、初めからサービス精神一杯。まずはカミさんが生贄?
20180602_002.jpg 20180602_003.jpg
20180602_004.jpg
日本流の獅子舞でも頭をカミカミしてもらうと縁起が良いそうですからね。

続けてO田さんの息子さんのお嫁さんも…
20180602_005.jpg 20180602_006.jpg

獅子舞は赤と青の二色。今日は天気が良くて少し動くと暑いくらいなので中でやっている人も汗びっしょりです。
20180602_007.jpg 20180602_008.jpg
獅子舞が終わる頃には当クラブの面々も揃い始めます。というか何時ものメンバーですね。

隣のO田さんはしきりに飲めないとこういう場は辛いでしょうと言ってくれますが、15日の骨折以来禁酒してから2回目のパーティーですし、飲まなくなってから何故か体の調子が良いので気にならないのですよね。それでも何時もコーラだと糖分の取り過ぎが気になるので飲むものが中々難しいです。

パーティーも宴たけなわになり、祝辞や答辞が続きます。
ここでコーラスグループのラッパーズが登場。男性4人のコーラスグループで懐かしのメロディーは中々の迫力です。
20180602_009.jpg
ステージ前にはダンスができるようなスペースがあるので何時ものノリで…

この後中華獅子舞の二回目に続けて大抽選会。一等賞はなんと折りたたみ自転車で誰にでも当たる機会があるという太っ腹です。この頃になると会長のY本さんが方々に食べ物を配り始めました。これも太っ腹ですね~
私達も頂きましたよ。

残念ながら籤運悪い私達は何も当たりませんでしたが、O田さんの息子さんはフライパンを引き当てました。中々の強運…

この辺りで私達は引き上げです。

家に閉じ籠ってばかりでしたから楽しい一日でしたが、疲れてくるとまだ痛みが来るのでもう少し様子を見た方が良さそうです。何だか歳を感じてしまいますね。

スクラッチレースまでには何とかしたいので養生する事にします…


≪前のページ≪   1ページ/170ページ   ≫次のページ≫